ストレートネック

猫背の姿勢が常態化すると俗に「巻き込み肩」と言われる肩が前に出る状態になります。


この姿勢ですと首を本来の場所に維持することが難しくなりますので首自体が前方に出てきます。

⇒そうなると首が本来持っている頸椎(首の骨)のカーブを維持できなくなります。

⇒引き伸ばされた首の筋肉が硬くなりよりストレートに矯正をかけてしまいます。


このあたりがストレートネックの主な原因になります。

首の症状だと思われがちですがどちらかと言えば肩こりの仲間と言えます。


定義としては頸椎の生理的前湾角度が30度以下の状態のことです。

ストレートと言ってもひどくなるとうつむき加減のようになります。


症状としては強い肩こりやそこからの頭痛や吐き気を催すかたもいます。


首が「まっすぐに歪んでいる」という不思議な表現であらわします。

ちなみに、上記の状態を表す言葉であり「病名」ではありません。


簡単なセルフケア

基本的には肩こりのセルフケアと変わりません。

腕まわりをほぐしつつ肩の後ろ回しで巻き込み肩をケアしていきます。